2018年4月27日金曜日

公判傍聴G

題名  公判傍聴G

期日H30年4月25日 13時30分から15時30分
小田原裁判所 3階 1号法廷 傍聴 約20人
内容「斎藤元組合長への論告」

*裁判所の証言内容を、私なりにお伝えします。
多少の聞き違いがあるかもしれません。
詳しくは 小田原裁判所の法廷議事録をご参照ください。
 *名前、その他はアルファベットとします。
  その都度、記号は変わるかもしれませんが、見た人がそれ
なりにご判断ください。
N弁護士質問
qS寺への迂回融資の件について質問します。
 この融資の件はどこから来たのですか?
a当時 私の前のB組合長が持ち込んだものです。
qB組合長はどんな人でしたか?
 農協の仕事についてはいかがでしたか?
a農協理事も経験されており、農業にも詳しい人でした。
qその時あなたは専務でしたね。
aはいそうです。
qその時あなたはどうされましたか?
a反対しました。
qその理由はなぜですか?
aお寺の住職は利益追求ができないので、事業を起こすことができないためです。そのための二職性違反です。
qこの件について誰が中心的に進めたのですか?
aB組合長が仕切っていました。
qどうして貴方は最終的に了解したのですか
a私はただ了解したわけではありません。
最初はS寺が借りるべきだと主張しております。
そのうえでの了解事項として下記条件を付けています。
1.S寺の住職が連帯保証をすること。
2.檀家の承認をとること
3.不動産の担保をとること
q貴方はこの貸し出しは迂回融資であることはご存知でしたか?
 aはい。
 B組合長の持ち込みなので、断ることができなかった。

検事質問
qH22年6月9日 田代支所について質問します。
 Fと貴方はどんな話をされましたか?
a話はしていません。酒に酔っていて、何もわからない状態でした。
q酔っていて、話ができる状態ではなかったということですね。
aはいそうです。

q今までの証人喚問を聞かれていたなかで、質問します。
q H22年6月9日田代支所でFとお会いした後の二人の関係は如何でしたか?
aその後Fとは電話連絡もしていません。
 そのため、田名の旭屋での会食などもしていません。
農協本所での打ち合わせもしていません。
q今までの証人喚問に対して、貴方はどのように思われましたか?
aかなり不正確な証言と思われます。

q不正融資が明らかになったとき、貴方はどのような態度で臨みましたか?
a関係者の調査をしましたが、事情が不明であり、処分のしようがなかった。その後責任調査委員会(第三者)を設立し、その処分を決めました。
q貴方への責任はなんでしたか?
a「監督管理責任で10%と認定されました。残90% の負担割合はL50% M40%」となりました。
qその後どうしましたか?
a「三人で賠償をしました。私は行いましたので。二人も行ったと思う。そのためJA愛川には、損害は無くなっている。」
と回答しています。
「私は監督管理責任があるので、組合員に対してお詫びを申し上げたい。」と本人は述べていましたよ。
 *興味深い質問もありましたが、紙面の都合上割愛します。
*尚 公判の詳細について ここでは控えさせて頂きます。

 次回公判  H30年6月19日(火) 16時00分より
 次々回公判H30年8月  1日(水) 13時30分より

 場所 小田原裁判所 3階 1号法廷
  内容「 斎藤元組合長への論告」です。
 裁判がだんだんきわどくなりましたので自分の耳で確かめたらいかがでしょうかね。
まだまだ、手弁当で頑張っています。そろそろ農協さんも真相究明委員に、予算をつけていただければありがたいですね。そうすれば、事務方や秘書などをつけて記録その他を漏れなく皆さんにご報告できると考えています。
 真相究明委員会に参加できる人は小島まで連絡下さい。
                                 以上
真相究明委員会 代表 小島 佐則
アクセス件数 平成30年4月28日7時50分 件数42,976件
アクセス件数 平成30年4月29日21時30分 件数43,830件

0 件のコメント:

コメントを投稿