2017年11月20日月曜日

公判傍聴 B

  公判傍聴 B
H29年10月3日の公判は元常務の審理であった。
H29年11月15日の公判は元共済部長の審理であった。
期日H29年11月15日 13時30分から16時30分
小田原裁判所 3階 1号法廷 傍聴人 30人強

今回の審理内容構成は、前回とほぼ同じであり、元常務の発言を裏付けるものであった。
二人とも、聞かれたこと以外の過去の大きな事件(F氏の不良債権2億5千万円を含め)は、「しゃべりたくない。」と答えていましたよ。「過去 元組合長にお世話になっているので感謝している。そのため、元組合長は真実のみをしゃべって欲しい。」と言っていましたよ。
トップ会談(元組合長とF氏)
1 H22年6月9日  農協・田代支所 午後2時すぎ
2 H22年6月11日 農協・本所 応接室  
3 H22年9月      田名・旭屋 夕方
元共済部長の発言内容
「H5年 F氏に、S寺造成工事費として融資した資金は、S寺住職から回収した。」と言っていましたよ。  「F氏から代位弁済証を裁判に使用するためとして要求され、H22年に、私が作成した。」と述べていましたよ。「しかし、この書類の日付はH17年に溯るものであった。」とも言っていましたよ。「この行為は違法であることは承知であり、農協の債権回収の一貫として行った。尚この書類は農協の正式文書である。」とも述べていましたよ。
*多少の食い違いがあるかもしれませんが、その辺はご容赦願います。
コメント
ここに付け加える事として、当該農協の三つの発表を掲載しておきます。
1 「H27年2月5日 農協は弁護士とともに、警察に出向き資料の提出をした。」としている。 (真相究明委員会ブログ H27年6月14日付け:農協からの説明書)
2 H27年5月中旬4 「前組合長はF氏より、1万数千円の入金があった。」としている。 (真相究明委員会ブログ H27年5月18日付け:中間まとめ)
3 H28年 4月号(?) JAだよりを発行している。
 (真相究明委員会ブログ H28年5月18日付け:公開質問状)
今後、これら三つの整合性も審理されると思います。
*尚 公判の詳細について ここでは控えさせて頂きます。
*公判の詳細について知りたい場合は、県央愛川農協又は小田原裁判所に、それなりに質問したらいかがですか?

 次回公判 H29年12月15日(金) 13時30分より
  小田原裁判所 3階 1号法廷
  内容「 F氏と現在の常務の審理」です。
 皆さんも傍聴してみませんか。
                                 以上
真相究明委員会 代表 小島 
*裁判所の証言内容を私なりに、お伝えします。
多少の聞き違いがあるかもしれません。
 詳しくは小田原裁判所にお確かめください。
11月20日20時45分 アクセス件数 40,024件

0 件のコメント:

コメントを投稿