2017年5月29日月曜日

5月27日(土) 午後  JA愛川総会

5月27日(土) 午後  JA愛川総会
 総会のため質問状を用意していきました。
真相究明委員の立場で質問したかったのですが、質問するチャンスを逃しました。
 会議の席上で、議長に この文書は提出しました。皆さんにも一部会場にて配布しました。 この書類を見ていない人のためにブログで掲載します。 
 私に ご意見等がある方は、お手紙などでご意見やアドバイスをして下さい。  お手紙を貰ったものはブログで掲載しますので、宜しくお願いします。
 尚 今回の総会の内容等は出席者の皆さんにお尋ねください。
                              以上
本日の質問
本日の総会に先立ち、真相究明委員の質問をまとめてきました。判り易いように文書にして、皆さんに配布し質問させて頂きます。 これから質問に入ります。
私は、真相究明委員 皆さんの代表として、組合長及び組合幹部に質問します。
1. 一般の人が、農協に何か疑問を感じ、お尋ねしたい時には、どのような手続きをすればよろしいのでしょうか?お尋ねします。これは公開質問状でも質問しています。しっかりお答えください。私共は、真相究明委員として、公開質問状を含め何回となく質問してまいりました。 一度も回答はありません。5月2日の組合長のお言葉が回答なのでしょうか?
2.5月2日(火)愛川支部 座談会終了後、組合長との口頭でのやり取りで、組合長は「我々には弁護士がついているし、警察にも相談しているから平気なんだよ。公開質問状などは無効だよ。」「告訴できるものならやってみろ」と言われました。その真意を知りたい。
この言葉は、一般組合員にも同じような発言をするのですか?何時から偉くなりましたかね。 これは「すみませんでは、終わりませんよ。」、一般組合員の皆さん方も真意を確かめられたら如何ですか? 本心か否かは判りませんが、口頭で答えてくれています。この件についての真意を説明せよ。
この言葉を覚えていらっしゃいますか。覚えていますよね。
3.愛川農協は警察署の管理下なのでしょうか?  誰にも判るようにお答えください。
4.警察とはどのようなお友達の関係なのでしょうか?
これでは、今回のおかしな不正融資事件や今までの農協の黒い噂話の真相究明は
組合長の暴言からすれば、出来ないと思いますよ。皆さんおかしいとは思いませんか?
現実に、本年5月10日の小田原裁判所の初公判において元農協幹部二人は
事件の内容を認めているようですね。元組合長は、起訴されておりますよね。
5.この事件に関し、損害金などの回収をどのように考えていますか。
ウヤムヤにしないようにしっかりお答えください。
一般組合員に判るように、具体的に説明せよ。   
  繰り返します。
組合員の皆さん、私達が農協に何か質問や意見を聞きたい時、どのような手続きをしても、農協は いまだ、答えてくれたことがない。困ったものです。組合長の発言にも困る。
しっかり この質問に答えなさい。
6.例えば、本当に経営は大丈夫なのか。どうなのですかね。 
つまり、現在皆様のお手元にある、決算書は真実を表しているのか?本当の資産状況はどうなのか?これらは、本当の第三者が調査したのでしょうか?真実は分かりませんよね。このままだと、“誰も何も言えない農協”になってきましたよね。組合幹部の勝手し放題で、昔の組合長と同じ轍を踏むのではないかと私共は心配しています。 皆さん、これでよいのでしょうか?
7.結論、暴言を吐かせた組合と公開質問状に答えない役員として、この文面の質問の回答内容いかんによっては、責任を取ってもらいたいと皆さんは思いませんか?
皆さんで、再度相談してください。私は 皆さんの意見を尊重します。
真相究明委員の役目は、愛川農協をクリーンにしたいだけなのです。
私事で、厚木警察署第二課知能犯係に、既に真相究明委員として二回の取り調べを受け、更に又、一般組合員の代表として警察の取り調べに協力するつもりです。農協をクリーンにするために、どんな結論が出ても、真相究明委員として受けて立つつもりです。
組合長!番号に沿って 一般組合員に分かるように回答せよ。
                                                                                     以上 
5月29日17時48分 アクセス数 34,825件 

0 件のコメント:

コメントを投稿