2016年5月3日火曜日

座談会

座談会
 昨日(5月2日)の夕方、三支部の一つの座談会があった。
他支部の噂は伝わってこなかったので、たいしたことはなかったようだ。
私が忙しかったせいかもしれない。
 当支部の内容は、定期総会に使用する今期決算書と、次期計画書(○○とは違う、ありきたりの計画である)の説明であった。  これは、おかしいのである。
定期総会には座談会でも行うつもりなのだろうか。
本末転倒である。
 しかし、相手にとって、このような戦略をとることが○○と解釈したのであろう。これは時間潰しの戦略である。
 この方法は何処かで見たことが有る。
昔、私が○○の理事をしていた時、理事会の席上には沢山の報告書が置かれ、その説明が一日延々続くのである。
だからと言って、報告書を先に渡しておけば、時間短縮になるのだが、書類が出来上がらないと言う理由でこの繰り返しであった。
従って、理事会としての討論は、ほとんど皆無に近いのである。
つまり、理事会と言っても日柄一日報告書の説明を聞くだけなのである。私達より前の理事には、12時間の会議があり、一言も言葉を発しなかったと言う豪の者もいたようだ。
 このような○○になりたい人が多いのである。
 この○○の改選が進行中なのである。
他の支部も、当支部と同じなら、定期大会には、何を行うつもりなのだろうか。
○○○か、この組合!

0 件のコメント:

コメントを投稿