2016年1月4日月曜日

第二段階


  第二段階
 本日は、平成28年1月4日となりました。
組合員の皆さん、今年も宜しくお願いします。私も今日から頑張ります。
 さて、昨年の12月12日のJAの新聞発表で、「JA愛川は、同JAの60代の元常務理事を刑事告訴し、県警はこれを受理した。」と言う。 これで、第一段階は終了し、公的機関が関与することになりました。
 この記事の中で、「1993年から2006年までの間に、不正融資先の夫に、4億円も融資し、2億5千万円の回収不能が起きており、その連帯保証人である。」と言う。
 「前組合長は、この事件を知らなかった」と言う。なんとも奇妙な話である。
 この不正融資事件は、「元常務理事が上記の夫婦に2億5千万円の回収不能処理手続きに付け込まれた。」と言う。
 この事件、最初は4千万円の不正融資事件のはずだったのですが、いつの間にか4億円に膨れ上がっています。
 JA愛川の意図は、「元常務と不正融資先の夫婦の事件として片づけたい」ようである。
 しかし、今までのいきさつから、そんな単純な問題ではないことは、組合員の方ならだれもが知っていることなのです。この先には本丸が残っています。
先ずは第二段階の開始です。
皆さんの情報のご協力が、今後を大きく変化させるでしょう。
宜しくお願いします。 私も頑張ります。

0 件のコメント:

コメントを投稿