2015年12月24日木曜日

質問状 督促


                 平成27年12月24日
JA役員一同及び八木組合長殿
質問状 督促
今回は、神奈川県警本部に告訴して頂きありがとうございました。
先ずは、JAの役員一同の決断に感謝します。
しかし、県央愛川JAの決断は、いかんとも遅すぎると思いませんか。
 私としては、実際、怒っています。
何の理由があって私を邪魔者にするのですか?
勝手に物事を決めて発表しています。
内部調査権を持っている私を無視して、このような行為をしていることは、県央愛川JAの組合員全員を馬鹿にしていることですよ。組合法にも違反しているのです。このままではすみませんよ。
判っていないのですね。あなた方も告訴しますよ。
私の質問状に文書にて答えなさい。
自分たちが発表した「JAからのお知しらせ」に対して、質問しているのですから、簡単に書けるはずです。
封筒三枚もよこさず、前回の「申し入れ書」もまだきません。私は、手弁当で行っていますので、はがきで督促します。
                     敬具
真相究明員会
調査役代表  小島 佐則

上記のように、「JAからのお知らせ」の質問状の督促状をJA愛川に、本日(平成27年12月24日)提出しました。
 私のブログ・「真相究明委員会」で、公表していますように、いまだ、何の回答もありません。
それなのに、12月12日の新聞(神奈川、朝日、読売、産経)に、記事が発表されました。
 内容は、「JA愛川が、元常務理事だけを神奈川県警本部に告訴した。」という記事でした。
 これは、現在、農協中央会が仕切っているようで、その決断と思われます。この決断は、正しいと思われます。
全く、JA愛川の役員(理事監事も含む)は、この一年近く、何をしていたのでしょうか。
しかし、問題はそこではありません。
 JA愛川の11月号だよりの「JAからのお知らせ」や「新責任者委員会の設置及び前組合長と当事者2名の事情徴収」更には今回の新聞記事発表について、調査役の私に一言の相談もなければ、連絡もありません。
かれらは、ひたすら自分たちだけの秘密結社で、物事を進めています。さらに、私の「申し入れ書」や「質問状」にも、何も答えようとしません。
また、私の最初の命令「封筒三通」すらよこしません。
 私の命令は、まだこの一つだけです。
この後は「次の段階」に続きます。

0 件のコメント:

コメントを投稿