2015年11月3日火曜日

お礼と報告


告訴センターに郵送するまでの経緯

1 11月2日 告発状を告訴センターに郵送しました。
2 10月○○日に、匿名のアドバイスがありました。
 「この事件は、天然記念物のケヤキの根っこより、根が深そうですね。」、「A警察では、深すぎて 扱いが難しいかもしれません。」「弊所ではこの事件に興味を持っています。」との事。
  そこで、告訴センターの名前がでました。
3 10月○○日にも匿名の電話がありました。
 「あなたも大分頑張っていますね。」と激励されました。
  そこで出た言葉は「日光東照宮の姥杉よりも根が深そうだと思います。A警察では取り
  扱いが難しいかもしれません。」と言われました。
   この人も同じように、告訴センターを紹介しています。
4  11月2日 告訴センターに連絡を取り、11月24日に相談することになりました。
5  もし、A警察と告訴センターが不調に終わったら、再度東京に書類をまとめて送付する
   ようにアドバイスされました。
6 匿名の二人の方には「ありがとうございました。」この紙面を借りて御礼申し上げます。
  尚 当組合の皆様方にはご心配をおかけしています。
  上記が、告訴センターへ告発状を郵送するまでの経緯です。
  まだ、私も手弁当で頑張っています。
  みなさん、何卒 なお一層のご協力をお願いします。
  
 *この報告を組合員の皆様すべてに届けることができません。
  申し訳ありませんが、このブログを見た人は、周りの人に教えてください。

 
                    
 

0 件のコメント:

コメントを投稿