2015年6月16日火曜日

被害届と告訴

被害届と告訴
 この後、説明の疑問と噂が飛び交うのだが、ここではその問題を後にして、この問題の焦点を明らかにしておきたい。
やはり、この事件は「何だったのか、真相は何か」が問題なのである。
 その究明の手段として、手っ取り早い方法が「刑事告訴」であった。
「刑事告訴」をするには当時の関連書類一式を警察に提出せねばならず、公的に調査するために、この事件以外にも調査が入ってしまう。
 今回の事件は本当に一時的なものか、はたまた氷山の一角なのか。
これらを踏まへ、組合員の皆さんは、農協側に「被害届と刑事告訴」
の要求を再三したのだが、農協側はのらりくらりと逃げ回った。
現在でも告訴はしていないと思われる。
農協側は、この事件をうやむやにし、時効を待っていると思われます。

皆さん、これでよろしいのでしょうか

0 件のコメント:

コメントを投稿